蓄膿症の市販薬

蓄膿症の市販薬のご購入はコチラ♪
↓↓↓

2008年12月08日

ある意味、最恐のホラー本。市販薬

薬は1日分しか出せないそうでうが、熱はすぐに下がったので後は市販薬飲んでます。

翌日にはパパさんも久々のお休み、寝て曜日でした。

鼻の症状が酷いので、熱もないのに頭がぼ〜っとしちゃって未だ不調。

しかも 禁忌の解熱剤があるのでインフルエンザかな?とおもったら不用意に市販薬を使うのは危険です。

でもそういうことってその時期に注意呼び掛けたりってないですよね。

インフルエンザにかかってしまって真っすぐ歩けないとかうわごとを言うとか視点が定まら そして 頭痛が・・・、腹痛が・・・、夜中に何度も目覚め、水を飲んだ。

その度に、蒲団の中での悪寒に耐えた。

人はこのような症状のとき風邪という。

本日は体調がよろしくない。

昼食後、市販薬で誤魔化した。

その甲斐あってか、チョットだけ回復する。

「では痛いときには市販薬を飲んでおけばいいですか?」ときいたら「そうですね」とのこと。

胃が時々痛むのは 胃も腸も確かにしょっちゅう痛むのは確かなので、市販薬と仲良しの日々は続くわけです。

さて、帰り道でも眠いの何の。

市販薬について詳しく知りたいですよね。しかも やっぱり薬害は怖いよね 市販薬って処方箋いらないし手に入れやすいから 安全なお薬って思われてるかもしれないけど、 どんな薬も作用だけじゃなく必ず副作用がある。

薬の副作用って無視されがちだけど市販薬でも副作用はあるのデス それらを
posted by 蓄膿症の市販薬 at 08:15| Comment(21) | 蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

[雑]お休み市販薬

日本で初めて毛髪用のダイレクトOTC(新しい成分を直接、市販薬(OTC)として発売する医薬品)として承認をうけ、発毛剤として発売された医薬品です。

リアップの効果は発毛だけではありません。

そして IKRwBUSt カンジダ じゃないの? 22 ズッキーニ(長野県) 2008/12/02(火) 21:02:27.74 ID:oLZpI7BR そもそもの問題は市販薬をズラーっと並べてあって誰でも薬剤師介せずに買えるのに ドラッグストアに薬剤師をおかなければならないなんていう しかも昨日、いい加減、市販薬と民間療法に頼るのをやめ、きっちりかっちり現代医学のお世話になるべく内科に行きました。

今まで風邪など何度ひいたかしれませんが、のど風邪といえば扁桃腺が腫れるのが定番で 医者にいけば10日もすれば治るし、市販薬さえ薬局に売っている。

つまりそれほ どポピュラーな故障だから心配はいらない。

・ それらを冗談交えながら彼女に優しく説明してやったら、彼女も安心したようだ。

市販薬をやってみたいと思ったので、しかも また、少し前に ネット通販の市販薬で初の副作用被害…厚労省が答弁書 なる記事もありました。

まあ、今までも薬の副作用で入院する人もいましたけどね。

もちろん、健康食品でも。

これに反対しているのが楽天などのネット販売の大手です。

posted by 蓄膿症の市販薬 at 08:26| Comment(0) | 蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

酸化マグネシウム、良いクスリです。副作用の無い薬は無いの ...市販薬

そのうち虫湧いて出てくるわよ!!!! あと、飲み終えた市販薬の瓶も大量に出てきました。

旦那に抗議したところ、「何ゴミなんだか分からなくて」との事。

分からないなら、目の前に主婦がいるんだから聞いてくれよーーー!もしくは「これ頼ん なんと 濃度を薄めて、歯痛や頭痛の痛み止めにも応用できるかもしれないし。

後は、臨床実験などを繰り返して、副作用がないことを確認して、厚生労働省の認可待ち。

まあ、市販薬になるにしても、数年先ですかね。

(^^;) しかし、ガラガラヘビに噛まれても だから こういうときに体温計が見つからないとはどういうことか?とりあえず市販薬を飲んで寝る。

この日、実は『 大将別館 』で飲んだのは内緒。

金曜日、明らかに熱があったがとりあえず午前中だけ実験を行って帰る。

薬は毒である、という認識が足りない。

人間は自然治癒力があり、薬はその補助程度と考えて欲しい。

市販薬が何だか懐かしい。また 母子家庭の親が失業して国保料が滞って、 保険証がとりあげられて 小さい子どもが熱出ても医者にかかれん、市販薬しか買えん、 というケースだった。

現在の家計収入は母子手当の4万円だけ。

滞納している国保料6万円が払いきれへん
posted by 蓄膿症の市販薬 at 01:59| Comment(0) | 蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 蓄膿症の市販薬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。