外科医ポン・ダルヒ 第1〜8話市販薬 - 蓄膿症の市販薬

蓄膿症の市販薬のご購入はコチラ♪
↓↓↓

2008年11月25日

外科医ポン・ダルヒ 第1〜8話市販薬

更に影響が大きく、 米国 では少なくとも4,100万人に 供給 されている飲用水の中に、さまざまな処方薬や市販薬の成分が含まれていることが報告されました。

これは AP通信 による調査で明らかになったもので、 健康 への影響が懸念されています。

当然 なんとか市販薬で乗り切りたいところ。

おんぶしているとなく太郎に試しにりんごジュースを与えてみた。

ゴクゴクと飲み干すと太郎はすやすやと眠り始めた。

そうして眠ると太郎はしばらく布団で寝てくれた。

当然 実家から市販薬をもらってきたので、それを飲んでだいぶ落ち着いてきました。

とりあえずインフルエンザではなかったみたいです(^^ゞ 勤労感謝の日の振り替えである月曜日の為替相場は、参加者が少ない事もあってか、 行って来いって感じでしたね。

インターネットでOTC(市販薬)を購入した30歳代の女性が、昨年の夏に肝障害で入院していた事が、民主党の前原誠司衆院議員の質問主意書に対する厚生労働省によって作成された答弁書で明らかになった。

ネット販売での副作用報告は初の事だという。

市販薬は知らなくてもいいことなのかもしれない。また おまけに体質的に薬も効きにくく、引き始めに市販薬を飲んで悪化したこともある。

後、アルコール摂取して12時間以上経っていたので風邪薬を飲んだら、腰に激痛が走って冷や汗だらだら、のた打ち回ったこともある。

posted by 蓄膿症の市販薬 at 08:13| Comment(0) | 蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright © 蓄膿症の市販薬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。